dd75dbd68537255885924dc05772cfb0_s

 

健康と美容、老化防止にも効果をもたらすと人気の「エキストラバージンオリーブオイル」。  

 

イタリア料理が大好きで、健康には人一倍気を使っている私も、もちろんエキストラバージンオリーブオイルを愛用しています!  

 

ところが、日本で販売されているこのエキストラバージンオイルの大半が、規格に合わない偽物であるという説が浮上しました。  

 

日本でも日常的に使用されるようになったオリーブオイル。そのなかでも最高級品である「エキストラ・バージン・オリーブオイル(EVOO)」のほとんどが「偽物」であるというのだ。

 

引用:週刊文春WEB

 

これはどうやらデマではなく、日本のオリーブオイル関係者からは、「国内のスーパーなどに出回っている8~9割は『エキストラバージン』とは言えません」という声もあるくらいです。

 

事実だとしたら、これは一大事!

 

早速、真相を究明しようと調べた結果を以下の記事にまとめました。

 

最後には、お勧めの「エキストラバージンオイル」も紹介していきますので、どうぞじっくりお読みください。 

 



エキストラバージンオイルの「偽物」が出回っている事実

 

4169aae2d63070078f6f180b4e49bf62_s

 

「エキストラバージンオリーブオイル」=一番搾りのオイルで酸度が0.8%以下、なおかつ厳格な風味官能試験で欠陥が検知されなかったオリーブオイルのこと。

 

初めに結論から言うと、日本の市場に「エキストラバージンオリーブオイル」とは言えない、粗悪なオイルが出回っているのは事実です。

 

なぜそんなことがまかり通っているのでしょうか?

 

理由は2つあります。

 

  1. 欧州・米国に万延している、エキストラバージンオイルの偽造
  2. 国際的なオリーブオイルの規格と日本国内の規格にズレがある

 

エキストラバージンオイル偽造の歴史

西欧世界におけるオリーブの歴史は、人間の文化の歴史と同じくらい古いと言われています。

 

食品としてだけではなく、ローション、灯油としても用いられたオリーブオイルは、古代地中海世界では価値ある商品でしたから、当然、犯罪の対象にもなったわけです。

 

シリアで発見された5,000年前の粘土板に、オリーブオイルの偽造を取り締まる法律が記されていたといいますから、実際の偽造の歴史はもっと古いでしょう。

 

イタリアにおけるオリーブオイル偽造犯罪

 

現在のイタリアでも、オリーブをはじめとする食品偽造犯罪は後をたちません。

 

オリーブオイルの偽造のほとんどが、質の悪い植物油にエキスで色や香りをつけ、瓶にイタリアの国旗などの絵のついたラベルを貼り、架空の生産者の名前をつけて売る、という手口のようです。

 

そこまでされてしまうと、偽物と本物を見分けるのは至難の業ですよね。

 

 

2011年にアメリカでベストセラーになった書籍「エキストラバージンの嘘と真実」の著者、トム・ミュラーによれば・・・

 

オリーブオイルに限らず、イタリアの食料品を巡る犯罪にはマフィアが絡んでいたり、捜査官自身がその犯罪に関与していることも珍しくない、とか。

 

 

一方で、色や香りが付けられた「偽造オリーブオイル」でなかったとしても、国際的な規格を満たさない低級のオイルが流通している事実もあるようです。

 

前述の本には、「イタリアのオリーブ王」と呼ばれる大実業家レナルド・マルセーリャが、イタリアでエキストラバージンとして売られているオイルの98%が一級品とは言えない、というショッキングな発言をする場面もありました。

 

アメリカ大陸でも偽造オリーブオイルが流通している

話をアメリカに移します。

 

オリーブオイルは19世紀の後半にイタリア移民によってアメリカ大陸にもたらされました。

 

そして、ここでも綿実油が混ざった偽造オリーブオイルが流通するようになります。

 

2010年に米農務省はオリーブオイルに関する貿易基準を、より国際基準を満たすものに改訂したようですが、実際には、低品質オイルを生産・販売する業者はなくなっていません

 

オリーブオイルの国際規格と日本の規格の違い

日本市場に質の悪いオイルが出回っているもうひとつの理由。それは、オリーブオイルの規格自体が、欧米諸国と日本とで異なっていることです。

 

まず、国際的なオリーブオイルの規格から見てみましょう。

これは、オリーブオイルに関する政府間機関「IOC(国際オリーブ協会)」によって定められたものです。

IOC(国際オリーブ協会)

 

「IOC(国際オリーブ協会)」は、国際連合によって設立された組織で、現在は地中海諸国を中心にオリーブ&オリーブオイルを生産する43カ国が参加していますので、オリーブオイルに関しては最も賢威のある機関と言っていいでしょう。

 

オリーブオイルの国際規格 9つの等級

IOCの定めた規格によると、オリーブオイルは以下のように分類されます。

IOCによるオリーブオイルの定義

1.バージン・オリーブオイル(Virgin olive oil):オリーブ樹の果実から、機械的・物理的な手段のみで採取したオイル。食用に適している。

1-2.エキストラバージンオリーブオイル(Extra virgin olive oil): 酸度が100g当たり、0.8g以下で、IOCの定めた基準を満たしているもの。

1-2.バージンオリーブオイル(Virgin olive oil):酸度が100g当たり、2g以下で、IOCの定めた基準を満たしているもの。

1-3.オーディナリーバージンオイル(Ordinary virgin olive oil):酸度が100g当たり、3.3g以下で、IOCの定めた基準を満たしているもの。

 

2.食用に適さないバージンオリーブオイル(Virgin olive oil not fit for consumption):ランプ用オイルを意味する「ランパンテ」と呼ばれるオイル。酸度が100g当たり、3.3gを超える。精製のため、あるいは工業用に用いられる。

3.精製オリーブオイル(Refined olive oil ):バージンオリーブオイルを精製したもの。酸度が100g当たり、0.3g以下で、 IOCの定めた基準を満たしているもの。

4.オリーブオイル(olive oil):精製オリーブオイルに2の「ランパンテ」以外のバージンオイルをブレンドしたもの。酸度が100g当たり、1g以下で、 IOCの定めた基準を満たしているもの。

5.オリーブポマス(搾りかす)オイル(Olive pomace oil ):一度製造に使われた搾りかすから、溶剤などを使って採取したオイル。3つに分類される。

  5-1.未精製オリーブポマスオイルCrude olive pomace):精製して食用にするか、工業用途に用いられる。

  5-2.精製オリーブポマスオイルRefined olive pomace oil) :未精製オリーブ・ポマスオイルを精製したオイル。

  5-3.オリーブポマースオイル(Olive pomace oil):精製オリーブポマスオイルと、そのままで食用に適するバージンオリーブオイルをブレンドしたオイル。

 

 参考:Designations and definitions of olive oils

 

ちなみに、各オリーブオイルの評価は、化学的検査だけでなく、テイスターと呼ばれる鑑定士の感覚によっても評価を受けます。  

 

ワインのように、オリーブの品種や生産地によって、味わいや香りが全く異なることもあるため、機械的な検査だけでは不十分なんですね。  

 

さまざまな等級が存在ありますが、実際に食用に適するものは、1のバージンオリーブオイルに含まれる3種類だけです。

 

つまり、

  • エキストラバージンオリーブオイル
  • バージンオリーブオイル
  • オーディナリーバージンオリーブオイル

この3つですね。  

日本にはエキストラバージンオイルが存在しない!?

  一方、日本は、オリーブオイルの生産はされているものの、「IOC(国際オリーブ協会)」にはいまだに参加していません。  

 

ですので、オリーブオイルの規格は、9つの等級ではなく、日本農林規格(JAS規格)が用いられてます。  

 

オリーブオイルの日本農林規格(JAS規格)

定義

食用オリーブ油:オリーブの果肉から採取した油であって、食用に適するよう処理したものをいう。  

オリーブ油の種類

オリーブ油:オリーブ特有の香味を有し、おおむね清澄で、香味良好であること 。 

精製オリーブ油:おおむね清澄で、香味良好であること。 

 

参考:食用植物油脂の日本農林規格

 

気がつかれたと思いますが、オリーブオイルの種類は「オリーブ油」と「精製オリーブ油」の2つしかありません

 

そう、日本には、「エキストラバージン」という概念が存在しないのです。

 

日本の規格に「エキストラバージンオリーブオイル」が存在しなければ、日本市場に出回っているオリーブオイルに本物のエキストラバージンがなかったとしても無理はありませんね。

 

本物を見分けるためにはここをチェック!

では、どうやったら偽造品や質の悪いオリーブオイルの中から、本物のエキストラバージンオイルを手に入れることができるのか?

 

チェックすべきポイントをお教えします。

 

bg_h5製造年月日を確認して、なるべく新鮮な商品を選ぶ

オリーブオイルはワインのように熟成するものではなく、風味と香りは製造後2ヶ月で失われていきます。

鮮度の良いものを手に入れられない場合、オイルの瓶が冷暗な倉庫などでしっかり保存されているお店を選びましょう。

 

 

bg_h5光を遮断する容器に入っている商品を選ぶ

なるべく劣化が進まないように、濃い色のついたガラス瓶か光を遮断する容器に入った商品を選びましょう。

 

 

bg_h5賞味期限が長いものを選ぶ

オリーブオイルの賞味期限は一般的に2年間なので、期限が長いものほど新しいということになります。

 

 

bg_h5ラベルに製造場所が詳しく書かれているものを選ぶ

「Bottled in Italy(瓶詰め元:イタリア)」と書かれていても、それはイタリアで製造されたことを意味しているわけではありません。

スペインや他のオリーブオイルの生産国から輸入し、瓶詰めして、再輸出してる可能性もあります。

ラベルに、オイルの製造所など詳しい情報が記されている商品が安心です。

 

 

bg_h5権威のあるコンテストで評価されているものを選ぶ

権威のあるオリーブオイル・コンテストで評価を得ているオイルは、比較的信頼がおけます。

主要なオリーブオイルのコンテスト:

  • Sol d’Oro International Extra Virgin Olive Oil Competition
  • New York International Olive Oil Competition
  • Los Angeles International Extra Virgin Olive Oil Competition
  • Mario Solinas Quality Award of the International Olive Council
  • Yolo County Fair Olive Oil Competition
  • OLIVE JAPAN 国際エキストラバージンオリーブオイルコンテスト
  • National Extra Virgin Olive Oil Show(オーストラリア)

 

 

bg_h5安すぎるエキストラバージンオイルは避ける

値段が高ければ良いオイルとは限らないのですが、あまりにも安価なオイル(1リットルが10ドル以下)は避けたほうが無難です

ただし、EU圏内では補助金が生産者や製造者に与えられるため、アメリカやオーストラリアよりも安く良いオイルを生産することが可能です。

 

 

以上、本物を見分けるためのポイントを挙げましたが・・・

 

「素人が良いエキストラバージンを選ぶのはなかなか難しい」というのが実情です。

 

だって、オリーブオイルの鑑定自体、トレーニングを受け、政府の認定を受けたプロの鑑定士を必要とするわけですから。

 

そこで・・・

 

優良オイルを「確実に」手に入れたい人へ

エキストラバージンオリーブオイルの本物を確実に手に入れるのであれば、トレーニングを受けた、プロのオリーブオイル鑑定士の選んだオリーブオイルを選ぶのが、一番です。

 

これならまず間違いはありません。

 

「といっても、日本にはそんな鑑定士なんていないでしょ?」と思われましたか?

 

いえいえ。日本人でも公認鑑定士は存在しますよ。

 

「マツコの知らない世界」に出演した長友姫世さんは、イタリア政府公認のオリーブオイル鑑定士です。

 

長友姫世さんの書籍「オリーブオイル・ガイドブック」(新潮社)には、彼女が太鼓判を押したオリーブオイル情報が掲載されていますので、本物を手に入れたい方は必携ですね。

 

オリーブオイル・ガイドブック

 

プロの鑑定士お勧めのエキストラバージンオイルはこれだ!

では、長友姫世さんが選んだ良質なオリーブオイルをいくつかご紹介しましょう。

いずれも日本で手に入るものです。

 

カスティージョ・デ・カネナ早摘みロイヤル

カスティージョ・デ・カネナ早摘みロイヤル

産地:スペイン、アンダルシア

Olive Japan 2015国際エキストラバージンオリーブオイルコンテストで金賞を受賞。

創業230年以上の老舗オリーブオイル生産者による、早積みの香り高いオイルです。シンプルな料理に向いています。

 

 

ティトーネDOP ヴァッリ・トラパネージBIO

ティトーネDOP ヴァッリ・トラパネージBIO

産地:イタリア、シチリア島

代々薬剤師の家系で、シチリア島初めての無農薬栽培を始めたティトーネ家による、数々の賞に輝く 極上オリーブオイル。

程よい苦味と、しっかりとした辛味が魅力。

 

 

フラントイオ・フランチ ヴィッラマグラ・グランクリュ

フラントイオ・フランチ ヴィッラマグラ・グランクリュ

産地:イタリア、トスカーナ州

ポリフェノール値が高く、青草の香りが他のオリーブオイルに比べて強いオイル。

お肉料理などにお勧め。

 

高尾農園のオリーブ畑 ミッション種

高尾農園のオリーブ畑 ミッション種

産地:日本、香川県

日本のオリーブ栽培発祥の地「香川県小豆島」で生産されたオイル。

ニューヨークで開催される世界最大のオリーブオイルコンテストでは2013年に金賞、そして2015年には最優秀賞を受賞。

和食にも合わせられます。

 



まとめ

一番搾りで最高品質のオイル「エキストラバージン」。

しかし、日本の市場にはエキストラバージンオイルとは言えない粗悪品が多い

 

エキストラバージンオイルの「偽物」が出回っている事実

その理由は、

1.欧州・米国に万延しているエキストラバージンオイルの偽造
2.国際的なオリーブオイルの規格と日本国内の企画が違うこと

 

エキストラバージンオイル偽造の歴史

オリーブの歴史は西洋の文化の歴史

およそ5,000年前にすでにオリーブオイルの偽造を取り締まる法律が制定されている

イタリアにおけるオリーブオイル偽造犯罪

オリーブオイルを含む食品偽造犯罪が多いイタリア
背後にはマフィアの影が

アメリカ大陸でも偽造オリーブオイルが流通している

イタリア移民がアメリカに持ち込んだオリーブオイル
ここでも綿実油が混ざった偽造オイルが流通

 

オリーブオイルの国際規格と日本の規格の違い

オリーブオイルの国際規格 9つの等級

オリーブオイルの権威組織は、オリーブオイルを9種類に分類

そのうち食用となるのは3種類のみ

 

日本にはエキストラバージンオイルが存在しない!?

日本はJAS規格を採用しているが
これだとオリーブオイルには2種類しかない
「エキストラバージンオリーブオイル」という概念は存在しない

 

本物を見分けるためにはここをチェック!

  • 製造年月日を確認して、なるべく新鮮な商品を選ぶ
  • 光を遮断する容器に入っている商品を選ぶ
  • 賞味期限が長いものを選ぶ
  • ラベルに製造場所が詳しく書かれているものを選ぶ
  • 権威のあるコンテストで評価されているものを選ぶ
  • 安すぎるエキストラ・バージンオイルは避ける

 

優良オイルを「確実に」手に入れたい人へ

オリーブの鑑定士の選ぶオイルが一番確実

 

プロの鑑定士お勧めのエキストラバージンオイルはこれだ!

イタリア、スペインのオリーブオイルに加えて
日本の小豆島のオリーブオイルもお勧め